gimme some truth

正月の酒もやっと抜けたかな?遅くなりました、本年もよろしくお願い致します。

この家に引っ越してもう18年。元来モノをため込む気質なのか、冷静に見回すとなんと物質の多いことか。なんかさ~サッパリしたいと思い立って昨年の晩秋あたりから整理を始めました。燃えるゴミ、燃えないゴミ、有害ゴミ、粗大ゴミ、再生資源・・・ありすぎだ!心が折れそうな時もあるが、もし今オレが死んだら誰が後始末するんだろうと思うとやるしかないな。もちろん死ぬ予定なんかないけど、わかんないもんね~。着ない衣類も食玩系も雑誌類も用済み書類も観ないVHSも聴かないカセットもハマッたゲームもカラのケースもインテリア達も調味料の小袋群も小汚いスニーカーも・・・サヨウナラ~!!

エルヴィス・コステロを聴いているとジョン・レノンが恋しくなるのはわたしだけ?最近は「アメリカvsジョン・レノン」のサントラが好きです。曲順がいいな。あとDVDの「ギミー・サム・トゥルース」や「ディック・キャベット・ショー」とかを流している。今年は精神面での充実に力を入れたいかも?いやそうでもないか・・・

画像

tear off your own head

今年もあれでしたね、そんなにいいことはなかったですね。というか人生最悪の出来事もありましたね。まあ年末だしね、酒とロックでイヤなことなんかぶっ飛ばしましょうね。ちょうどクロマニヨンズのライヴ盤が届いてるしね、大音量で流しましょうね。最高のパンクロック!5月のライヴを思い出すね~。
あとはやっぱりエルヴィス・コステロ。先日のライヴは今思い出しても素晴らしかったな。今宵は02年の「ホウェン・アイ・ワズ・クルーエル」など。ほとんどの曲が今回の来日メンバーであるコステロ、ピート・トーマス、スティーヴ・ナイーヴ、デイヴィ・ファラガーでの録音だし。デイヴィはこの辺からコステロとの共演がスタートしたんじゃなかったかな?タイトでソリッドなバンド・サウンド。「ダディ・キャン・アイ・ターン・ディス?」の疾走感なんかはぜひ年内に聴いて感じてほしいぜ。

画像

では、良いお年を!!!

my aim is true

時の経つのは早い。10日前の今頃はビジネスホテルの一室にて妙齢の女性にアロマオイル・マッサージなど施されつつ数時間前に観たエルヴィス・コステロのライヴの余韻に浸っていたのであった。

12月13日金曜日。午後年休を取ったオレは、15時頃に予約していた上野のホテルへ到着。ペイチャンネルなど軽く嗜み、18時前に最寄の大江戸線新御徒町駅へ。六本木駅までの約30分は車内にて貝となる。そして徒歩数分にてEXシアターへたどり着いた。整理番号500番台で、しかも少し遅れたので700番台の方々との入場となったが入ってみれば中央位置で前から4~5列目を確保できた。開演前には結構ガレージ系サウンドとか流れていて、それを聴きつつステージに設置された巨大ルーレットを眺めていた。日によって曲目が少し入れ替わっていると隣にいた音楽に詳しそうな人達が話していたが、そうこうするうちにエルヴィス・コステロ&ジ・インポスターズが登場した!初めて生で見るコステロは、イメージ通りだったのが嬉しいぜ。大好きな「アイ・ホープ・ユーア・ハッピー・ナウ」からスタートって最高!次があの「ハート・オブ・ザ・シティ」って凄すぎる展開ですよね。その後も名曲満載でした。例のルーレットを客が回して出た曲を演奏するコーナーは数回導入されてかなり面白かったが、今思えばどの曲が出ても楽しめる展開になっていたと感じる。この辺はエンターテイナーとしてもコステロは超一流な証ですね。じゃあバンドのメンバーを紹介しよう。ドラムがピート・トーマス、キーボードがスティーヴ・ナイーヴってほとんどアトラクションズじゃんか!マジでヤバイ。ベースはデイヴィ・ファラガーって人ですが、かつてよく聴いていたクラッカーに在籍していたことを終了後に思い出した。いいベーシストです。ダンサーとルーレットのアシスタントの女性達もいかにもの感じで素晴らしかった。そしてコステロ本人のギタープレイが最高だったわけ。テレキャス、J-160E、モデル名イマイチ知らないフルアコ、なんと言ってものジャズマスター!!エフェクターを駆使しつつのギター捌きに痺れました。ギタリストとしても一流や!ギターマガジンで特集してほしいな。トータル約3時間ってこっちが驚くほどの長尺ライヴでした。コステロ59歳、現役バリバリ。行ってよかった。WOWOWで生中継をしていて極力映らないようにしていたんだけどどうだったかな?2月に再放送するようなのでその時に確認しよう。その前に加入しよう・・・

画像


画像

ドリンクのオマケでもらったプチ・チーズケーキも載せとけ。記念なのでまだ食べていない、わけはない。

I'm Not Angry

どうでもいいことはどうでもいい。なぜか?オレは明日エルヴィス・コステロのライヴへ行くからだ!リスナーとしては89年の名盤「スパイク」からなので20年以上になるけど、タイミングとか合わずに今まで観たことなかったんですよね~。会場は六本木のEXシアターとかいう最近オープンしたところ。ちょい前のMステで嵐が歌ってた会場だね。六本木なんて10年以上行ってないけど、なんとかなるでしょう?

コステロの声を聴くと、オレもなにがしかのアクションを起こさなければ!との前向きなパワーをいつも感じる。そんなロッカーは・・・他にはジョン・レノンだけかな?

画像

ギター・ジャンボリー(kzztt流劣化ヴァージョン)

クリス・スペディングの「ギター・ジャンボリー」って楽しい曲があって有名なギタリストの有名なフレーズをちょっとずつ弾いていく構成だけど、誰もが家でギター弾く時はほぼ無意識に同じようなことやっているんじゃないでしょうか?今宵は或る日のkzztt流をご紹介します(アルコール摂取量多め?)。文章でどこまで伝わるのか甚だ疑問だけど・・・

まずはチャック・ベリー!今夜は「キャロル」。映画「ヘイル・ヘイル・ロックンロール」で本人からダメ出しを食らったキース・リチャーズのヴァージョンもね。
そんでやっぱりヴェンチャーズ!「ウォーク・ドント・ラン」「パイプライン」「ダイアモンド・ヘッド」なんか。ジョニー・サンダース版「パイプライン」のテケテケではなくガクガクしたヴァージョンも合わせて。
アニマルズでおなじみ「朝日のあたる家」のイントロを丁寧に弾いたあとは、キンクス!「ユー・リアリー・ガット・ミー」と「オール・ディ・アンド・オール・オブ・ザ・ナイト」かって?そうだけど。
さあストーンズや!「ブラウン・シュガー」「ホンキー・トンク・ウィメン」「スタート・ミー・アップ」等々・・・酔ってなければオープンGにチューニングしてあげるけど、今夜はレギュラーで我慢してね。
「レイラ」のあのフレーズがスムーズに弾けたなら、続いてパープルいっちゃいますか。僕の場合「バーン」で。この曲が弾けるようになった時はなんか嬉しかったぜ~。
ウィルコ・ジョンソン在籍時のDr.フィールグッドの曲を弾く時は気合いの指弾きで!
そしてパンク!ラモーンズ、ピストルズ、クラッシュ・・・なぜこんなにも弾いてて気持ちいいのだろう?まあテレヴィジョンの「マーキー・ムーン」も入れとくけどね。
時代は80年代。エコバニのウィル・サージャントやU2のジ・エッジになりきって様々なカッティングを試しつつ、日本が世界に誇るバンド、RCサクセションの登場だぜYEAH!!!僕の最初のギターヒーローは仲井戸麗市、チャボ!「雨あがりの夜空に」「ロックンロール・ショー」「トラブル」「ドカドカうるさいR&Rバンド」その他多数・・・わかってもらえるさ。
ちょっと飲みすぎたな。サクッと90年代に飛んで、ニルヴァーナ!「スメルズ・ライク~」「ブリード」をかき鳴らしたら・・・チャック・ベリーに戻ります???

画像

もう十数年弾いているテレキャス・カスタム。

遠くなって 眠くなって

先日のことですがクラシックのコンサートへ行ってきました。実はこの私、ロックに出逢う以前はベートーヴェン命のクラシック少年だったのだ!今でもたまにクラシックのCD買ったりしております。で今回はドヴォルザークで有名なチェコ・フィル管弦楽団から金管6人で構成されたチェコ・フィル・ブラス!1部はクラシック、2部は映画音楽やポピュラー音楽からの選曲でしたが、総じて超一流の演奏を聴かせていただきました。2部では「オー・プリティ・ウーマン」とか本年上半期に超話題となった連続朝ドラのテーマ曲まで飛び出して思っていた以上に楽しかったです。やっぱり生の演奏はいいなぁ。

エレファントカシマシの新曲「あなたへ」が数日前に到着した。宮本の耳の病で約1年ほど活動を休止していたエレカシの復活第一弾です。まあこの間もベスト盤やライヴ盤やDVDなど出てたんでそれほど休んでいたという感覚はないけど、やっぱり感慨深いものはありますね。現在の宮本のストレートな心情が感じられる、沁みるバラードです。カップリングの2曲も良くて「はてさてこの俺は」はフォーク調だが途中からハードなサウンドが炸裂!「この円環のなかを」は最近のエレカシでは逆にめずらしい3コードのブルース・ナンバー。この1枚、車の中でもう何回リピートしたことか。初回限定のDVD付きで9月の野音での復活ライヴから9曲収録。もったいなくてまだ観てませんが・・・

画像

ROCK'N'ROLL(LR FOREVER)

最近の出来事として・・・

先日ある資格試験を受けてきた。ほとんど5者択一問題(一部記述式)だが、これが難しいんだよな~。試験時間の3時間が短く感じられた。結果はまだ出ていないが、合格した時のみ公表しようかな?

グラチャン・バレー、女子ではわれらが木村沙織キャプテンのもと本日まで2勝1敗と健闘中。さおりんファンの私としては引き続き頑張ってほしいと思います。

昨日は退勤後にいろいろ用事があったね。職場近くのラーメン屋にて塩ねぎラーメンと半ライス(ここではいつもコレ)を食して気合を入れ、まず大手電気店でファックスのフィルムを購入、次にすぐそばの本屋で今月号のギターマガジン(特集は奥田民生や!!)買って、その後大手薬局で頭痛薬や目薬その他を仕入れ、ついでに横にある食料品売り場へ行ってアルコール飲料やその肴等を購入した。総じて渋滞の中を車で移動だったんで疲れました。まあ全部自分の用事だから仕方ないけどね。

あとは・・・

何を書いてもルー・リード逝去の喪失感は埋まらない。せめてローリー・アンダーソンの悲しみが少しでも和らぐことを望みます。愛する人を失うという事実。彼女の気持ち、ちょっとだけ他の人よりは分かるつもりです。