テーマ:

hard again

今週に入ってからはだいぶ涼しくなっている。このまま秋に移行するのかな? 帰りに本屋でストレンジ・デイズを買いました。ストレンジ・デイズだけを買うつもりだったのに、またやっちまったぜ。隣に並んでいたブルース&ソウル・レコーズ。マディ特集ではないですか!\1600+税と高額なので、よっぽどのことがないと買えない系の代表的雑誌だが、これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

holidays in the sun?

今年は珍しくお盆休み5連休を取れたのでゆっくりできました。親戚とのつきあいもほとんどないから出掛けることもなく、昼間から「ほん怖」とか観ながら発泡酒を飲むってパターンが多かったな~。そんでギター・マガジンが一日早い12日発売だったから休み前に買って、読みながらちょこっとギター弾いたりしました。今月号は表紙にもあるように有名な日本のバンド…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

S.G.D.A.

今日は暑い一日だった。というか今も暑い。気温はそれほど高くないと思うが、やはり湿度に原因が・・・時節柄しょうがないってことで。 ちょい遅れて買ったギター・マガジン今月号。かのジャック・ホワイトが表紙&特集ですね。そしてナンバー・ガールの総力特集もあり。つい最近のバンドな印象があるけど、解散から10年以上経ってるんだ。あと毎号新しい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

bring it on home

いよいよ暑くなってきたが、実は梅雨入りも近いとか?体調には気をつけたいね。21世紀のロックンローラーにとって最も大事なことは健康であること、だからな・・・ そんな私は久しぶりに雑誌「プレイヤー」を購入しました。まあ私も軽く楽器とかいじったりするもんですからプレイヤーあたりは毎月買いたいんですが、なかなかそうもいかないからね~。中学の頃…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Rock'n'rollの戦士

書籍とかも買わないときは全然買わないし、そして読まないけど、最近はちょこちょこ買ったりしている。先日のキヨシローの本のあとも何冊か仕入れてしまった。また大幅に整理しないといけないかな。 ストレンジ・デイズはいつものこと。 黄昏流星群は職場の同僚が買っているビッグコミックオリジナルで連載を読んではいるが単行本もついほしくなるよね。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

1988

キヨシローからビンビンにソウルフルな新刊「ネズミに捧ぐ詩」が届けられたぜYeah!!時期的には1988年の春頃に書かれた詩というか日記というか帯によりますれば私小説・・・まあなんでもいいのさ。個人的にRCのライヴを最後に観たのが88年5月の新宿厚生年金なので、その直前ってところにシンパシー・フォー・ザ・デヴィルいやエンジェル。当時のキヨ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

LET ME GO!!!!!

いやいやいやいや、ストーンズのライヴ初体験を目前にして緊張気味であります。なんかインフルエンザやノロウィルス対策にうがい手洗いを励行したり、あと事故らないよう車の運転に慎重になったりしているよ。ストーンズちゃんと聴き始めて今年がちょうど30年になることにさっき気がついた!最初に買ったLPは「アンダーカヴァー」でした。友人が東京に行く時に…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

atmosphere

1ヵ月ぶりの歯科での治療。今回も麻酔をビンビンに効かせての処置だったので、終了後もカツオノエボシばりの痺れがしばらく続いた。まっすぐ帰宅する気もなくなり本屋へ行きました。あったね今月号のストレンジ・デイズ。私が唯一毎月購入している音楽雑誌であります。今回はマイク・オールドフィールド特集か(いいねを押しました)。創刊号からとはいかないけど…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ROCK ME, MORE!!

歯医者にかかってるんだけど、なんか長引きそうなんだよな。今日なんか麻酔しての治療でさ、ちょっと前までソレが効いてて痺れっぱなしだぜ。そんで切れてからは痛いという今現在・・・ 日本で最も痺れるギタリストは、やっぱオレは山口冨士夫だな~。あのリズム感というかタイム感というか、まあなんでもいいけどルーズな流れからいきなりサンシャインよろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エレクトリック・スパニッシュ

ストレンジ・デイズの今月号を買いに本屋へ行ったら、また気になる一冊を発見。「ギブソン・ヴィンテージ・セミアコ&フルアコ・ガイド」です。以前アコースティックのやつを買いましたが、今回のもスルー出来ずに持ち帰りました、ってもちろんお金払ってだぜ!ホントは司馬遼太郎先生の文庫でもと思ってたんだけどね、軍資金なくなりました。 やっぱりフルアコ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

chocolate blues

ここにきて雨が多くなっている。今日も早朝から濡れてしまった。こんな時にピッタリな1枚が赤痢の「初期音源集」です、か?80年代中期に京都から登場したこの女性バンドのことは宝島なんかで知ったと思うが、当時はただただスゲーな~と感心するばかりでした。超ストレートな歌詞、初期衝動全開なパンク・ロック・サウンド、ちょい投げやりなヴォーカル・・・今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイナー・ペンタトニック・ブルース、エンドレス。

日曜日の朝早く・・・と村八分的に始めますが、実際諸事情のため平日より早く起きなければならないことになっております。そして夕方に襲ってくる疲労感もしくは睡魔。以前は全然平気だったのに。かと言って前夜は早めの就寝とかできないし・・・ ギターマガジンは時々しか買わなくなって久しかったけど、今年は3ヶ月連続で購入している。特集に惹かれてっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Xブレイシング

最近は風が強い日(インスパイアドbyストリート・スライダーズ)が多い。体に良くなさそうな微粒子も舞ってるしマスクは欠かせないぜ。幸い花粉症ではないが、いつなるか分からないみたいだしね~・・・ マネーもないのに誘惑に負けて面白そうな本をまた購入。「ギブソン・ヴィンテージ・アコースティックギター・ガイド」って読んで字の如しな本だけど、…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

CRITIQUE

総じてあまり良い年ではなかった気もする2012年も終わりだぜ。年末年始の酒のお供にと、まだ買ってなかった「ストレンジ・デイズ」2月号を求めて書店へ。毎月買っている唯一の音楽雑誌です。そんで久々に本屋行ったんだけど興味をそそる書籍が何点かありました。数年に一度買うか買わないかの「ジャズ批評」だが今回はなんとローランド・カーク特集だ!ラサー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沢山の人間が居て

かつて数年間住んでいた板橋区成増。最近ここで痛ましい事件が起こってしまった・・・今でも用事であちら方面へ行った時には大家さん宅へ顔を出したりする。駅前周辺はさすがに様子が変わっているが、いつ行っても静かで暮らしやすいという印象にはそれほど変化がない。もう一度住んでもいいかな、と思っている。 後年知ったんだけど、同時期に町田町蔵(も…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

red filler

みなさん、こんばんは。今年のお盆は特に暑かったですね。こちとら仕事だったのでドラマチックなエピソードはありませんでした(普段からね!)。エンケンさんやポール・コゾフ(もちフリー時代含む)を車で聴くのが憂鬱じゃなかった唯一の楽しみでした。暑い時には熱いサウンドだぜ~! ポール・コゾフ聴いててレスポールいいなって改めて思ったりした。1…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

DAYS PASSED

好きな音楽・・・ロック。なのでそれに関するレコード、カセット、CD、書籍や雑誌、ギター等々は当然好き。しかし様々な事情により手元から離れていったアイテムも多々あったりする(主に経済的な理由ですけどね)。レコードは、ほらボクはCD世代だから?元々あんまり持ってなかったんだけど、でも売ってしまったのも多い。いつかCDで買い直せばいいやなんて…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

桜坂(うそ)

久々に購入したギターマガジン。表紙&巻頭特集は堂々の福山雅治や!たまにテレビでギター弾いてるの観て上手いな~なんて思ってたんだけど、やはりギター大好きだったんだね。めんたいロックをよく聴いていた(鮎川さんに憧れが)との発言から、福山のデビューアルバムがARBの白浜久プロデュースだったのを思い出した、というか白浜久を思い出した(好きでした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

(non title)で・・・

昼に飛び込んできた衝撃的なニュース。情勢的にも今後諸々変化するところ多々あると思うが、良い方向に変わってほしいね。 「The Times They Are a-Changin」 本、は昔から好きだが人より読んでるかと問えば疑問が残る。まあ人といっても周囲の方々の中にも月に何冊も読む人もいれば年間ゼロ冊って輩もいるので一概には比較…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

please rock me out

もう11月か。そろそろブーツをいつでも履けるようにスタンバイさせておこう。ただ靴箱から出すだけですが。 RCサクセション関連本においてその最高峰に君臨するのは、やっぱり今から30年前に出た「愛しあってるかい」ではないでしょうか?記憶を辿るとこれは当時のクラスメイトに借りて・・・ずっとそのままなんだぜ~まるであの日みたいだ(ゴメ~ン…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

暗流

今日は仕事帰りにスーパーで買い物してたら、脇を通った女性の大きな鞄がけっこう強めにぶつかった。そのあと松屋で食事をしてたら、先に食事を終えた女性(さっきとは別の人)が後ろを通った時に大きな鞄がけっこう強めにぶつかった。もちろんお二人とも謝ってくれましたけど。みなさんも大きな鞄を持った女性にはお気をつけください・・・ 豊田徹也のコミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

長い1日のまだ途中

今日はあんまり体調良くなかったな~。食事も美味く感じなかったし、そんなに暑くないはずなのにやたら汗が出た。気を取り直して、飲むか。 最近お気に入りの漫画家が福満しげゆき氏。画(え)的にはちょっと懐かしい感じで郷愁を覚えるが、30代半ばの作者です。「僕の小規模な生活」ってタイトル通りの素晴らしい作品がモーニングに連載中だが、モーニン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

小銭をかぞえる 2011

最近は天気が不安定だが、何もしなければ涼しいかも。ただ職業上そうはいかず、動き回ってガッツリ汗にまみれています。 こないだ近くの本屋をビーサンでペタペタと徘徊していたら、新潮文庫の100冊のところに西村賢太の「暗渠の宿」があった。即ゲットは決定なんだけど、西村賢太の文庫って持ってなかったな~と思って「な行」のコーナーに行ってみたら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

陰雲晴れぬ

市橋被告の初公判、やはり気になるところではある。しかし失われた命は決して戻ってこない・・・ 暑さに体力が追いつかない、そして気力も。だが、夏はやっぱり読書だよなってことで(夏休みに読書感想文を書いた名残?)本屋へ行きました。昨日の新聞の広告で見た全人類待望の書である西村賢太の「寒灯」を買いに。1冊しかなかったよ、まさか売れてるのか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

breed

週末は家の周囲にある伸び放題になってた木々を切っていた。もちろんボクの所有ではないんだが持ち主からの要望もあったし、とにかく鬱陶しかったんで職場にあったチェーンソーを借りてきてね。気分はジェイソンかテキサス・チェーンソーかってなもんだが、単純に根元から切ればいいってわけではない。建物が近いから、そっちに倒れないように枝を切る順番にも細心…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

りとる・ぎたーず

ちょい前に本屋で見かけていたシンコーからの「リトル・ギターズ」。いわゆるスチューデント・モデルなんかを特集した本で、かなり面白い。が、税込2100円という値段が・・・書籍に関しては年頭の所信表明で1500円までが上限と発表したので?スルーした(ちなみに中古CDは1000円未満ね)。だが、しかーし!ある本屋のカードのポイントが貯まっている…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

街の明かり アルコール

第144回芥川賞を受賞したうちの一人、西村賢太の「苦役列車」を読む。著者は中学卒業ののち現在(43才とか)にいたるまで基本的に日雇い労働に従事してきたそうだが、そんな彼の19才の頃のちょっとほろ苦いエピソードをモデルとした私小説。ボクなんかもここまでディープじゃないけど日雇い(イコール日払い)勤務を軽く嗜んだこともあるので、なんか読んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

what's good(LR10)

市橋達也の手記を読んだ。2年以上に及ぶ逃亡の記録。贖罪の思いで孤独かつ苦しい生活を続けるが、そこには何一つ意味はなかった。これが全てフィクションなら面白い読み物だったのに・・・あまりにも大きな犯した罪、結局は最後まで出来なかった自首。やはり許されることではないのだろう。 雪は落ち着いているが寒い夜。激動するエジプトの情勢・・・ …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

DON'T THINK TWICE,

あけましておめでとうございます。 本年もよろしくお願いいたします。 昨年のボブ・ディランのライヴに大いなる刺激を受けて始まったと言われているこのブログ、なんだかんだで続いてまして皆様に感謝しております。新年を迎え、原点回帰の意味で初期ディランに耳を傾けてみたい。実際はアルコールが抜けない心身に凝ったサウンドは合わなかっただけ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

teenage werewolf

パンク・スピリットを胸に秘めた全ての日々勤労に従事する方々へ感謝を捧げる。 本日はクランプスを。ラックス・インテリア、ポイズン・アイヴィー、ニック・ノックス、ブライアン・グレゴリー、だもんね?アレックス・チルトンがプロデュースの初期が素晴らしい。ベースなしの編成はジョン・スペンサーにも大きな影響が。ブライアン脱退(機材とか持ち逃げ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more