today your love,tomorrow the world

ラモーンズのオリジナルメンバーであり言わずと知れた初代ドラマーであるトミー・ラモーンが亡くなった。享年62歳。心より哀悼の意を表します。

heaven's CBGBではオリジナルメンバーによる再結成ラモーンズのライヴが大好評とのこと。今まではドラムにビリー・マーシアやジェリー・ノーランやラズルがヘルプで、時にはなぜかキース・ムーンが乱入したりしてパンクな夜が展開されてたけど、これからは不動の4人で活動するらしい。
客席にはあのコもいるはずだよ。今日でちょうど1年・・・ロックンロール!!

画像


music is love

かつて住んでいた実家の近くをたまたま通りかかったら重機とかが入っていて取り壊しをしていた。実は地主から連絡を受けていたので知ってはいた。親父が死んだ時に相続は放棄したから法的には何ら関係はなく、その後どのような経緯があって更地にするに至ったのかは分からないし興味もない。別に寂しくもないし悲しくもない。ただ最近この家での様々な思い出が蘇る。初めてテレビでRCを観たこと。居間のステレオでピストルズを聴いたこと。FMを夜中まで聴いていたこと。アリア・プロⅡのストラトを改造したこと。親父の瓶ビールや日本酒を部屋へ持ち込み朝方まで飲んで寝ずに高校へ行ったこと・・・なんだ、今とあんまり変わらないぜ。ネヴァーマインド・・・

カーステでよく聴いているデヴィッド・クロスビーのソロ。71年のと89年の2枚中心。どちらも多くのゲスト陣が参加しているが、これはデヴィッドの人柄によるものだろうな。彼の波乱万丈な人生に比べればオレなんか何もしていないに等しい。それは良くも悪くもなんだけどね。そう、デヴィッドのアルバムは彼の生き様に想いを馳せながら聴くのが正しいのではないでしょうか?別に違っててもいいんだけど・・・

画像

new kz2

久しぶりにジーンズ買いました。もちろんリサイクルショップにて。どこのブランドか分からなかったが試着したらちょうどいいルーズな感じで、そして\1580でしたので。レジでポイントカード出したらなんと千円分たまっててさ~、当然引いてもらって\580だったぜ!税抜きだけどね。帰っていろいろ調べたらジョンブルってブランドのソーイングチョップってラインなんだって。この夏はこれで決まりだな!

新しいステレオでは順調にCD聴いてます。最近の10枚を自身のブログに羅列してみますか。ホントは20枚単位と思ったが、同じの何回も聴いてるからいつになるか分からないんで。

1.「ダウン・アット・ザ・BBC」Dr.フィールグッド
2.「ダークネス&ライト」オンリー・ワンズ
3.「ビギン・ヒア」ゾンビーズ
4.「オデッセイ&オラクル」ゾンビーズ
5.「ライヴ」ジョニー・ウィンター・アンド
6.「ヴードゥー・スープ」ジミ・ヘンドリックス
7.「ライヴ・アット・ローンスター」ロバート・ゴードン・ウィズ・クリス・スペディング
8.「ライヴ・イン・イタリー」ルー・リード
9.「グリーン・マインド」ダイナソーJr
10.「グリーン・ソウツ」スミザリーンズ

フィールグッドはジッピー時代!この盤200回は聴いてるな。オンリー・ワンズもBBCライヴです。ゾンビーズはボートラ満載。ジョニー・ウィンターに負けてないリック・デリンジャー好き~。以下略だけどライヴ盤が半数を占めてますね。

今夜は何を聴きますか?

画像

その先の光へ

群馬県の富岡製糸場が世界文化遺産に登録決定された。富国強兵の象徴とも言える、日本の近代化に欠かせない重要な工場・・・なんてことを学校で習いましたよね。残すべきものは残していった方がいい。次元は違うが「ロックの殿堂」に日本のロッカーが選ばれる日も近い、のか?ピストルズみたいに受賞拒否したらさらに面白いけどな。

その初期の言動は(個人的に)日本のピストルズであったと勝手に思っているエレファントカシマシの新曲「Destiny」はストレートに素晴らしいと感じることができる名曲です。これで紅白出ようぜ!オレもカラオケで歌えるように個人的に練習してまいります。カップリングの「明日を行け」は70年代初期的ギター・サウンドのロック・チューンで超カッコイイ!こっちで紅白出てくれても何の問題もないけどね~。

画像

S.G.D.A.

今日は暑い一日だった。というか今も暑い。気温はそれほど高くないと思うが、やはり湿度に原因が・・・時節柄しょうがないってことで。

ちょい遅れて買ったギター・マガジン今月号。かのジャック・ホワイトが表紙&特集ですね。そしてナンバー・ガールの総力特集もあり。つい最近のバンドな印象があるけど、解散から10年以上経ってるんだ。あと毎号新しいエフェクターの記事が当然あるけど、新品のエフェクター買ったことなんて最近ないんですよね。そもそも遠い過去にバンドとかやってた時はテレキャスを直でJCとかにぶっこんでたからな~。それはそれで良かったんだけど今は面白そうな機種がいっぱい出てるから、経済的に許されるならいろいろ使ってみたいね(そして許されることはない)。え~っと、ソチ五輪で再注目されたゲイリー・ムーアの「パリの散歩道」のスコアが掲載されてるんでコピーに精進してみます。

画像

bring it on home

いよいよ暑くなってきたが、実は梅雨入りも近いとか?体調には気をつけたいね。21世紀のロックンローラーにとって最も大事なことは健康であること、だからな・・・
そんな私は久しぶりに雑誌「プレイヤー」を購入しました。まあ私も軽く楽器とかいじったりするもんですからプレイヤーあたりは毎月買いたいんですが、なかなかそうもいかないからね~。中学の頃は400円ぐらいだったと思うが現在は617円、って良心的ではあるんだけどコチラ側が追いつかないという・・・今月号はZEP特集なんだけど、なんと82年に撮影されたジミー・ペイジのギター達が掲載されています。それが購入の要因でした。テレキャス、レスポール、そしてストラトが2本ずつだけど、以前からジミー・ペイジのZEPにおけるストラト使用曲(特にアーミング)が気になってたからここでのストラト掲載はうれしいぜ。あとはまあいろいろな記事がありますが(そりゃそうだろ)、密かにファンであるウォーレン・ヘインズのギターに関するコーナーも充実しています。ガヴァメント・ミュールが来日してたなんて知らなかったよ・・・観たかったな。

画像

コーヒー・ルンバ

6月最初の日曜日はとても暑かった。本日は粗大ゴミなんかを清掃センター(全国共通の名称ですか?)へ出してきました。乗らなくなった自転車とかなぜか一輪車とか以前調子にのって遊んでたキックボードとか様々なゲーム機等々・・・まだまだいらないものは多いな~。行く途中にかのスターバックスがあって、ここは数ヶ月前にオープンしたんだけど入ったことないから今日こそはと勇んでいたが、メチャ混んでいて駐車場に入れない車が国道脇に並んでいた。潔く諦めコンビニでスタバのシアトルラテを購入しました。これは初めて飲んだけど好みのテイストでしたね。

車内で流してたのは井上陽水の01年「ユナイテッド・カバー」ってCD。ほとんどが50~60年代の昭和の名曲を陽水流にカバーしています。アレンジは様々だけど基本的にメロディはほぼ原曲通りだと思うが、やっぱり陽水の声と歌い方はオンリーワンだよな~(実は中学の時からLP買ってた単なるファンのひとりであります)。ラストの曲は奥田民生と作ったアルバムに入ってた「手引きのようなもの」のセルフカバー。この曲を手引きとして生きていこうかな?

画像