i've got news for you

職場の同僚に誘われて9月の終わりに受けた胃ガン検診。先日その結果が来たのだが、専門医にて再検査をと面倒なことになった。ってことで本日行ってきました(念のため、ね)。問診や血圧測定をして次回に胃カメラとなったんだけど、予約がいっぱいで12月だってさ。まあいいんだけどね。

Dr.フィールグッドの「マッド・マン・ブルース」はいいアルバム。ほとんどがカバーだけど、オリジナル・メンバーはリー・ブリローだけだけど、ソリッドなロックンロールだぜ!ギターはゴードン・ラッセルで、歴代ギタリストの中では低評価なのかな。でもハード・ヒッターな彼のサウンドもフレージングも好きですね。「マイ・ベイブ」の高速チューンを聴いてくれよ!他の誰がこんな風に弾けるって言うんだ?不遇時代のバンドを支えたのはこの人であることは間違いないと個人的に思っています。

画像

hard again 2

時の経つのは早い。夏が終わったと思ったら9月も終わり、すでに10月も終わろうとしている。今年ももうすぐ終わりだな。

リスナー的には戦前ブルースの大海に溺れていた。ロバジョンはもちろんだけど、やっぱりチャーリー・パットンとサン・ハウス。チャーリー・パットンは奇跡の人では?聴くたびに新しい発見がある。サン・ハウスは60年代の再発見後(って言い方もどうかと?)の迫力ある感じも好きだが、若かりし日のフレッシュさも微笑ましい。

7~80年前の音源なのでノイズがあるのは仕方ない・・・いや、それも含めて味わうのがいいね。

クロスロードで悪魔と取り引きしたわけではない。
久々の更新ですが、今後ともマイペースです♪

画像